フランス語で楽しむ「メグレ警視」

メグレ警視の原作本を味読する立場からフランス語の謎解きを試みます

フランス語の慣用表現「目の中に見つめる⇒ 人の顔をまともに見つめる」

ー La jeune fille est une belle fille de seize ou dix-sept ans, ronde et rose, qui regarde franchement les gens dans les yeux.

(©Georges Simenon : L’Amie de Mme Maigret; Chap.8) 

 

「若い娘は16か17歳の丸みを帯びて顔色のいいきれいな娘ですよ。人の顔をまっすぐに見つめるんです。」

(#60『メグレ夫人と公園の女』第8章)

 

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

*人をまっすぐ見つめる美しい娘という設定は、メグレ物の中でも結構しばしば出てくる。日本でいえば女子高生ぐらいの年齢だが、フランス娘としては行動が積極的に思える。メグレをはじめ中年のオジサマたちがタジタジとなる彼女らの目つきとその話し方は不思議な魅力を見せている。(最近読んだ中では『セシルが死んだ』でのハンガリー娘ヌーシ)

f:id:maigretparis:20191028113017j:plain
Crédit photo : L’écran sur Youtube

Téléfilm “L’Amie de Mme Maigret” de “Les enquêtes du commissaire Maigret”

© ORTF, 1968 version russe @Artur Varderesyan

 

La jeune fille est une belle fille(ラジューヌフィーユ・エチュヌ・ベルフィーユ)若い娘はきれいな娘です 

 

de seize ou dix-sept ans(ドゥセーズ・ウ・ディセッタン)16か17歳の

 

ronde et rose < rond(ロンド・エ・ローズ)丸みを帯びて顔色がいい

 

*qui regarde franchement les gens dans les yeux < regarder(キルギャルド・フランシュマン・レジャン・ダンレジュー)人をまっすぐに見つめる

regarder qn. dans les yeux(慣用構文)