フランス語で楽しむ「メグレ警視」

メグレ警視の原作本を味読する立場からフランス語の謎解きを試みます。横文字の文章を読み慣れるように

(こだわりの酒)ヴァン・グリ(グレーワイン)灰色の葡萄酒

  Le vin gris était frais, un peu acide. La chaise pliante grinçait sous le poids du commissaire, (---) 

ー Tu en reprends ?  questionna Mme Maigret en voyant son mari adresser un signe au garçon.

  Il reprenait du vin gris, oui. Il avait soif.  Surtout, il n’avait pas encore envie de s’en aller.

(©Georges Simenon : Maigret s’amuse; Chap.3) 

 

 グレーワインはすっきりしてちょっと酸味があった。折りたたみ椅子はメグレの体重の重みで軋んだ。 (---) 

「また飲むの?」メグレ夫人は夫がギャルソンに合図するのを見て訊ねた。

 そう、彼はグレーワインをまた飲んだ。喉が渇いていた。それにまだここを立ち去りたくなかったのだ。

(#77『メグレ推理を楽しむ』第3章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

 

*グレーワイン(ヴァン・グリ)はロゼワインの変形で、フランスではロレーヌ地方などで作られる。黒ブドウと言われるピノ・ノワール種やガメー種の果皮の浸潤を短くして醸造するのでロゼよりも青みがかった色になるという。

f:id:maigretparis:20200812090004j:plain

Crédit photo : Vin Gris 2017 Reims–Nancy, Domaine Vincent Gorny Côtes de Toul 

@tourdevin.com

 

Le vin gris était frais < être(ルヴァングリ・エテフレ)グレーワインはすっきりしていた(半過去形)

 

un peu acide(アンプーアシド)ちょっと酸味があった

 

La chaise pliante grinçait < grincer(ラシェーズ・プリアント・グランセ)折りたたみ椅子は軋んだ(半過去形)

 

sous le poids du commissaire(スールポワ・デュコミセール)警視の体重の重みで

 

Tu en reprends ? < reprendre(チュアン・ルプラン)あんたまた飲むの?

 

questionna en voyant son mari < questionner, voir(ケスチョナ・アンヴォワィヤン・ソンマリ)夫の~するのを見ながらたずねた(単純過去形・現在分詞)

 

adresser un signe au garçon(アドレッセ・アンシーニュ・オーギャルソン)ギャルソンに合図する

 

Il reprenait du vin gris, oui. < reprendre(イルルプルネ・デュヴァングリ・ウィ)

 

Il avait soif.< avoir(イラヴェスワフ)彼は喉が渇いていた(半過去形)

 

Surtout(シュルトゥ)とりわけ、そのうえ

 

*il n’avait pas encore envie de s’en aller. < avoir(イルナヴェ・パザンコー・アンヴィドゥ・サンナレ)彼はまだここを立ち去りたくなかった(半過去形)

avoir envie de ~したいと思う

pas encore まだ~でない

 

 

(フランス語警察用語)ぶしつけな、一時でも、愛人

ー Je vais me montrer plus indiscret et je vous demande de m’en excuser.  Avez-vous, docteur, à un moment donné, été l’amant de Mme Jave ? (---)

ー Non. (---)

ー Vous n’en avez jamais été amoureux non plus ?

ー Jamais.

ー Elle ne l’a pas été de vous ?

ー Elle n’a rien fait, ni dit, qui puisse me le faire penser.

(©Georges Simenon : Maigret s’amuse; Chap.3) 

 

ぶしつけなことでお許し願いたいのですが、先生、あなたはいっときでもジャーヴ夫人の愛人でしたか?」 (---)

「いいえ。」(---)

「彼女を好きになったことも全くないんですか?」

「まったくないです。」

「彼女があなたに関してそうだったことは?」

「私にそう思わせるようなことは何もしなかったし、何も言わなかった。」

(#77『メグレ推理を楽しむ』第3章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

f:id:maigretparis:20200811084742j:plain

 

*Je vais me montrer plus indiscret < aller, se montrer(ジュヴェ・ムモントレ・プリュアンディスクレ)私は無遠慮な態度を示そうとしている

se montrer v.pr. ~の態度を示す、~のように見せる

indiscret adj. 無遠慮な、ぶしつけな

 

je vous demande de m’en excuser < demander, s’excuser(ジュヴ・ドゥマンド・ドゥマンエクスキュゼ)そのことで私を許すようにお願いします 

 

Avez-vous été l’amant de < avoir, être(アヴェヴ・エテ・ラマンドゥ)あなたは~の愛人でしたか?(複合過去形)

 

à un moment donné(アアンモマン・ドネ)ある瞬間に、いつか、急に

 

Vous n’en avez jamais été amoureux non plus ? < avoir, être(ヴナンナヴェ・ジャメゼテ・アムルー・ノンプリュ)あなたは彼女を好きになったことも全くないのですか?(複合過去形)

 

Jamais(ジャメ)決してない

 

Elle ne l’a pas été de vous ? < avoir, être(エルヌラパ・ゼテ・ドゥヴ)彼女があなたに関してそうだったことは?(複合過去形)

 

Elle n’a rien fait, ni dit < avoir, faire, dire(エルナ・リァンフェ・ニディ)彼女は何もしなかったし、何も言わなかった(複合過去形)

 

qui puisse me le faire penser < pouvoir(キピュィス・ムフェールパンセ)私にそう思わせるような(接続法・現在形)





(フランス語警察用語)脈拍、失神、痙攣、突然死

ー Je ne crois trahir aucun secret, puisque je n’étais pas son médecin, (---) Son cœur, depuis son enfance, battait non à soixante-dix pulsations, comme c’est à peu près la norme, mais à quarante ou quarante-cinq. (---) Seulement, il risque à tout moment une syncope, ou des convulsions, voire la mort subite

(©Georges Simenon : Maigret s’amuse; Chap.3) 

 

「私は彼女の医者ではなかったので、職業上の秘密を明かしてはいないと思います。 (---) 子供の頃から彼女の心拍数は、おおよそ通常とされる70ではなく、60か65だったんです。 (---) 常に失神や痙攣、さらには突然死のリスクがあります。

(#77『メグレ推理を楽しむ』第3章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

 

*心拍数の少ない人の症状を徐脈という。

f:id:maigretparis:20200810092045j:plain

Crédit photo : Fréquence cardiaque @Wikipédia

 

*Je ne crois trahir aucun secret < croire(ジュヌクロワ・トライー・オーキャン・スクレ)私は職業上の秘密を明かしていないと思います

trahir son secret 秘密を明かす

 

puisque je n’étais pas son médecin < être(ピュイスク・ジュネテパ・ソンメトサン)私は彼女の医者ではなかったので(半過去形)

 

Son cœur, depuis son enfance(ソンクー・ドピュイ・ソンナンファンス)彼女の心臓は、子供の頃から

 

battait non à soixante-dix pulsations < batter(バッテ・ノン・アソワサントディス・ピュルサシォン)脈が70を打っていなかった(半過去形)

 

comme c’est à peu près la norme < être(コムセ・アプープレ・ラノルム)おおよそ常態であるように

 

mais à quarante ou quarante-cinq(メ・アキャラント・ウ・キャラントサンク)そうではなく、40か45で

 

Seulement, il risque à tout moment < risquer(スールマン・イルリスク・アトゥモマン)単にそれは常に~のリスクがある

 

une syncope, ou des convulsions(ユヌサンコープ・ウ・デコンヴュルシォン)失神や痙攣を起こす

 

voire la mort subite(ヴォワール・ラモール・シュビト)さらに突然死の





(フランス語の tu と vous)tutoyer はほとんどしない人

ー Vous vous tutoyez ?

ー Je tutoie peu de gens.  Cela tient peut-être à l’atmosphère protestante de Nîmes, où je suis né et où j’ai passé ma jeunesse.

ー Vous ne tuyoyiez pas Éveline Jave non plus ?

ー Non.

 Un non assez sec.

(©Georges Simenon : Maigret s’amuse; Chap.3) 

 

「あなた方は互いに親しい口をきいてましたか?」

「私は親しい口をきく人はほとんどいません。私はニームで生まれて、少年時代を過ごしたので、おそらくそこのプロテスタントの雰囲気のせいでしょう。」

「エヴリーヌ・ジャーヴにも親しい口はきかなかったんですか?」

「ないです。」

 かなり冷淡な否定だ。

(#77『メグレ推理を楽しむ』第3章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

 

*一般的に身内といわれる間柄以外での仲間内言葉(いわゆるタメ口)はあまり使うことがないという人も多い。特にフランス語の場合は、二人称のうち tu か vous のどちらを使うかで動詞の活用形も変わってくるので、より厳密になるように思う。フランス語ではかなり親し気な会話を vous で使うこともできる。(メグレの場合は、パルドン医師との間でも互いに vous を使っている。)

f:id:maigretparis:20200809085959j:plain

Crédit photo : Musée protestant, Nîmes, Gard

https://www.museeprotestant.org/notice/nimes-gard/

南仏のニームは宗教革命の時代にプロテスタントの拠点の一つとなっており、その後の新旧教徒の抗争では親族間でも殺し合うような対立が続いた。

 

*Vous vous tutoyez ? < tutoyer(ヴヴ・チュトワィエ)あなた方は互いに親しい口をきいていますか?(日本語では直近の物事でも複合過去形風に言う方が自然になる)こうした質問をすること自体、フランス人が tu を使うかどうかを常に気をつけている証拠にもなる。

 

Je tutoie peu de gens < tutoyer(ジュ・チュトワ・プードゥジャン)私はわずかな人にしか親しい口をききません

 

*Cela tient peut-être à l’atmosphère protestante < tenir(スラ・チァン・プテートル・アラトモスフェール・プロテスタント)それはおそらくプロテスタントの雰囲気のせいでしょう

 

tenir à ~に起因する、由来する、~に執着する

**huguenot(ユグノー)フランスでは新教徒のことを「ユグノー」と呼ぶと習った覚えがあるが、これはカトリック側からやや蔑みを含んで呼んでいたという。プロテスタントは自分から「ユグノー」とは言わないようだ。

 

où je suis né(ウ・ジュシュイネ)私が生まれた所 

 

où j’ai passé ma jeunesse < avoir, passer(ウ・ジェパッセ・マジュネス)私が少年期を過ごした場所(複合過去形)

 

*Vous ne tuyoyiez pas xxx non plus ? < tutoyer(ヴヌ・チュトワィイエパ・ノンプリュ)あなたは xxx にも親しい口をきかなかったのか?(半過去形)

ne ~ pas xxx non plus : xxx にも~しない

 

Un non assez sec(アン・ノン・アッセセック)かなり冷淡な否定





フランス語の慣用表現「大きな言葉⇒ 言い過ぎだ」(グランモ)

ー Vous êtes devenu peu à peu l’ami du ménage ?

ー Ami est un grand mot.  Malgré la différence d’âge entre Philippe et moi, nous étions bons camarades.

(©Georges Simenon : Maigret s’amuse; Chap.3) 

 

「あなたはだんだん夫妻の友人になったんですね?」

「友人というのは言い過ぎです。フィリップと私は年齢の差はありましたが、いい仲間同士でした。」

(#77『メグレ推理を楽しむ』第3章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

 

*新聞記者は代診だったネグレル医師の自宅で取材を取りつけた。「友人」ami という言葉は日本語での「親友」に近いニュアンスで用いられるような感じがする。職場の同僚は camarade が多い。

f:id:maigretparis:20200808091821j:plain

Crédit photo : L’écran sur Youtube

Téléfilm “Maigret s’amuse” de “Les enquêtes du commissaire Maigret” 

© Antenne 2, 1982; ©INA - Institut National de l'Audiovisuel

 

*Vous êtes devenu peu à peu l’ami du ménage < être, devenir(ヴゼト・ドゥヴニュ・プーアプー・ラミデュ・メナージュ)あなたはだんだん夫妻の友人になった(複合過去形)peu à peu 少しずつ、だんだん

 

Ami est un grand mot < être(アミ・エタン・グランモ)友人というのは言い過ぎです(直訳では「友人は大きい言葉です」)

 

Malgré la différence d’âge entre Philippe et moi(マルグレ・ラディフェランス・ダージュ・アントル・フィリップ・エモワ)フィリップと私の間の年齢の差にも関わらず

 

*nous étions bons camarades < être(ヌゼティオン・ボンカマラド)私たちはいい仲間だった(半過去形)

**参考Youtube:J'ai perdu le do de ma clarinette(僕のクラリネット


J'ai perdu le do de ma clarinette

***【豆知識】「クラリネットをこわしちゃった」の知られざる事実 

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1304/10/news026.html

 

*参考再出:フランス語の慣用表現「太い言葉⇒ 下品な言葉」(グロモ)2020.05.22

https://maigretparis.hatenablog.com/entry/2020/05/22/091049

 

 




(メグレ季節描写)盛夏のテルトル広場

  Trois cafés se disputaient la place du Tertre et chacun poussant sa terrasse le plus loin possible, les parasols devenaient comme des drapeaux (---) C’était comme une fête sans fin, avec des cars débouchaient d’une ruelle dont ils semblaient écarter les murs, des touristes armés d’appareils photographiques, des peintres - surtout des femmes - devant leur chevalet. 

(©Georges Simenon : Maigret s’amuse; Chap.3) 

 

 テルトル広場では三軒のカフェがせめぎ合っていて、それぞれがテラス席をできるだけ遠くに押し出していた。パラソルは旗のようになっていた。 (---) 壁を押し分けるように狭い路地から現れる観光バスや、カメラを身につけた観光客や、画架の前の絵描きたち、とりわけ女たちで、そこは終わりのない祭りのようだった。

(#77『メグレ推理を楽しむ』第3章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

f:id:maigretparis:20200807092153j:plain

Crédit photo : Vue d’un coin de la place Tertre, Paris 18e

Google street-view

 

Trois cafés se disputaient < se disputer(トロワキャフェ・スディスピュテ)三軒のカフェがせめぎ合っていた(半過去形)

 

chacun poussant sa terrasse le plus loin possible < pousser(シャカン・プッサン・サテラス・ルプリュロワン・ポッシブル)それぞれがテラス席をできるだけ遠くに押し出しながら(現在分詞)

 

les parasols devenaient comme des drapeaux < devenir(レパラソル・ドゥヴネ・コムデ・ドラポー)パラソルは旗のようになっていた(半過去形)

 

C’était comme une fête sans fin < être(セテコミュヌ・フェト・サンファン)それは終わりのない祭りのようだった(半過去形)

 

avec des cars débouchaient d’une ruelle < déboucher(アヴェクデキャー・デブーシェ・デュヌリュエル)観光バスは狭い路地から現れた

 

dont ils semblaient écarter les murs < sembler(ドンティル・サンブレ・エキャルテ・レミュール)壁を押し分けるように見えた

 

des touristes armés d’appareils photographiques(デトゥリスト・アルメ・ダパレィユ・フォトグラフィク)カメラを身につけた観光客

 

des peintres - surtout des femmes(デパントル・シュルトゥ・デファム)絵描きたち、とりわけ女たち

 

devant leur chevalet(ドゥヴァンルー・シュヴァレ)彼らの画架の前に

メグレ警視の食卓「クリシー大通りのイタリアンでスパゲッティ」

  Le restaurant italien du boulevard de Clichy, où il conduisait sa femme, lui était inconnu.  Il n’y avait jamais mis les pieds mais, en passant devant, plusieurs fois, et en jetant un coup d’œil dans la pénombre, il s’était dit qu’il serait agréable d’y manger un spaghetti.

(©Georges Simenon : Maigret s’amuse; Chap.2) 

 

 彼が妻を連れて行ったクリシー大通りのイタリアン・レストランは彼も知らない店だった。彼はそこに足を踏み入れたことはなかったが、何度か前を通り過ぎながら奥の暗がりをちょっと一瞥して、そこでスパゲッティを食べるのは感じがいいだろうと思っていたのだった。

(#77『メグレ推理を楽しむ』第2章)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

f:id:maigretparis:20200806092544j:plain

Crédit photo : Vue d’un restaurant italien de la rue Pierre Fontaine, Paris 9e

Google street-view(現在ではクリシー大通り沿いには本格的なイタリアンの店は見つからない。)

 

Le restaurant italien du boulevard(ルレストラン・イタリアン・デュブルヴァール)大通りのイタリアン・レストラン

 

où il conduisait sa femme < conduire(ウ・イルコンデュイゼ・サファム)彼が妻を連れて行ったところ(半過去形)

 

lui était inconnu < être(リュイエテ・アンコニュ)彼にとって知らなかった(半過去形)  

 

Il n’y avait jamais mis les pieds < avoir, mettre(イルニァヴェ・ジャメ・ミレピエ)彼はそこに足を踏み入れたことはなかった(大過去形)

 

mais, en passant devant, plusieurs fois < passer(メ・アンパッサン・ドゥヴァン・プリュジューフォワ)しかし何度か前を通り過ぎながら(現在分詞)

 

et en jetant un coup d’œil < jeter(エ・アンジュタン・アンクードゥイユ)一瞥しながら

 

dans la pénombre(ダンラ・ペノンブル)奥の暗がりに

 

*il s’était dit qu’il serait agréable de < se dire, être(イルセテディ・キルスレ・アグレアブル・ドゥ)~するのは気持がいいだろうと思っていた(半過去形・従属節は条件法・現在形)se dire は「自分に言う」⇒「心に思う」

 

y manger un spaghetti(イ・マンジェ・アンスパゲッティ)そこでスパゲッティを食べること