フランス語で楽しむ「メグレ警視」

メグレ警視の原作本を味読する立場からフランス語の謎解きを試みます

メグレ警視の食卓「シュークルートまたはポテ・ロレーヌ」

ー Non, pas de choucroute pour moi, mais je mangerai volontiers une potée lorraine.

(---) 

  Maigret était au rendez-vous, presque à l’heure, à cinq minutes près, au restaurant de la rue d’Enghien où ils allaient parfois dîner et, détendu, avec l’air de penser aux même choses que les autres hommes, il avait mangé une choucroute comme il les aimait.

(©Georges Simenon : L’Amie de Mme Maigret; Chap.7) 

 

「私はシュークルートはいやよ。ポテ・ロレーヌを食べたいの。」 (---) 

 メグレはほとんど時間通り、5分も違わずに約束のアンギャン街のレストランに着いた。そこは彼らがしばしば夕食に行くところで、くつろいで他の人たちと同じ物を食べたいと思える雰囲気だった。彼はシュークルートが好きだったので、それを食べた。

(#60『メグレ夫人と公園の女』第7章)

 

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

*土曜日の午後になっても捜査が膠着状態で、メグレは思いつきで夕食を外で食べることにして夫人に電話する。何度か行ったことがあるアンギャン街のアルザス料理のレストランは、グラン=ブルヴァール大通りの外側の庶民的な街区にある。

 

pas de choucroute pour moi(パドゥ・シュークルート・プーモヮ) 私はシュークルートはいやよ

 

mais je mangerai volontiers < manger(メ・ジュマンジュレ・ヴォロンティエ)でも私は進んで~を食べるだろう(単純未来形)

 

*une potée lorraine(ユヌ・ポテ・ロレーヌ)ポテ・ロレーヌ(ロレーヌ風肉野菜煮込み料理)ロレーヌ地方はアルザス地方の北隣に位置する

f:id:maigretparis:20191022092602j:plain

Crédit photo : Potée Lorraine

Découvrez notre recette facile et rapide de Potée Lorraine sur Cuisine Actuelle !

@cuisineactuelle.fr/

 

était au rendez-vous < être(エテ・トー・ランデヴー)約束をしていた(半過去形)

 

presque à l’heure, à cinq minutes près(プレスク・アルーア・アサンクミニュトプレ)ほとんど時間通りに、5分も違わずに

 

où ils allaient parfois dîner < aller(ウ・イルザレ・パルフォヮ・ディネ)そこに彼らはしばしば夕食を食べに行っていた(半過去形)

 

détendu, avec l’air de penser(デタンデュ・アヴェク・レードゥパンセ) くつろいで、~を考える雰囲気

 

aux même choses que les autres hommes(オーメームショーズ・クレゾートル・ゾム)他の人たちと同じ物を

 

il avait mangé une choucroute < avoir, manger(イラヴェ・マンジェ・ユヌシュークルート) 彼はシュークルートを食べていた(大過去形)

 

comme il les aimait < aimer(コミレゼーメ)彼はそれが好きだったので(半過去形)